米どころ新潟産の日本酒、マズいわけない!新潟の絶品日本酒ご紹介☆

    新潟は全国有数の米どころ、そして日本酒どころでもあります。現存する酒蔵は93と全国一位を誇ります。新潟の日本酒がおいしいヒミツ、日本酒どころならではのイベント、新潟の地酒が味わえる居酒屋さん、新潟の日本酒の魅力をご紹介します♪

    新潟の日本酒を紹介する前に♪少し豆知識☆日本酒の事!

    新潟の日本酒の魅力をすぐにでもご紹介したいところですが、まずは知っておきたい日本酒の事!
    日本酒には、純米酒、純米大吟醸、吟醸、本醸造等々いろいろな種類があります。
    同じ日本酒なのになぜこんなに種類が?
    どこが違うの?
    意外と知らないと思います。
    まずは、その違いからご紹介していきます。

    ポイント①その日本酒の原料は?

    日本酒は米と水でつくられているのではないの?
    実はそれだけではないのです。
    米と水以外の”醸造アルコール(人口添加物)が入っている種類の日本酒もあります。
    純粋に米と水だけで作られている日本酒に”純米”という文字が付きます。

    ポイント②米をどこまで削るか?

    日本酒は米を削って(磨いて)作られます。
    なぜ、米を磨くのでしょうか?
    米の表面には主に、脂質、たんぱく質が含まれており
    米の中心には主に、でんぷんが含まれています。
    日本酒に米を使うとき、この米の表面の脂質、たんぱく質が苦みや、旨味などの(味わい)になることもあるのですが、それが多すぎると逆に「雑味」となってしまうため、米を磨くことが必要になるのです。

    玄米の状態を100%として
    ・60%以下に削ったもの・・・吟醸酒
    ・50%以下に削ったもの・・・大吟醸酒

    これが高いものほど、しっかりとした深い味わいに
    低いものは、すっきりとした味わいでフルーティな味わいになります。

    新潟の日本酒がおいしい理由

    前置きが長くなってしまいましたが、日本酒の豆知識をふまえて、本題の新潟の日本酒がおいしい理由についてご紹介していきます。

    日本酒造りに欠かせない水がおいしい

    新潟は雪国です、冬山に多くの雪が降り雪解け水が上質の水となり、それが日本酒を作るうえで大切な原料となる水になります。

    水がおいしいので米がおいしい

    そしておいしい日本酒を作る上で欠かせないのが、上質なお米
    新潟県は全国有数の米どころです。
    おいしい水と自然豊かな大地で育つ新潟のお米で作られる日本酒はおいしくないわけはありません。

    蔵元がたくさん

    新潟には、日本酒を製造する蔵元が93件あります。
    これは日本の蔵元数と比べても第一位を誇ります。
    多くの蔵元が、おいしい日本酒を作るために切磋琢磨しています。

    新潟のおすすめの日本酒

    新潟のおいしい日本酒、たくさんあります。
    個人的な好みですが、その中でおすすめのもの、ご紹介します。
    限定のお酒、あまり聞いたことのないお酒もありますが、全部おいしい日本酒です。

    新潟のおいしい日本酒☆久保田 万寿

    蔵元:朝日酒造株式会社
    住所:〒949-5494 新潟県長岡市朝日880-1
    電話:0258-92-3181

    ☆新潟の日本酒といえば”久保田”
    朝日酒造が誇る代表的な銘柄です。
    ”久保田”にもいろいろな種類がありますが、最高峰の純米大吟醸です。
    柔らかな口当たりと旨味があります。飲んだ事の無い方はぜひ!!

    新潟のおいしい日本酒☆節五郎 出品酒

    蔵元:菊水酒造
    住所:〒957-0011 新潟県新発田市島潟750
    電話:0254-24-5111

    ☆”菊水”は飲みやすい日本酒で女性にも人気があります。
    その中でも”節五郎”は毎年日本中の酒蔵が頂点を目指し開催される「全国新酒鑑評会」に出品される数量限定の大吟醸です。
    あまり市場には出回らず、百貨店で取り扱っているところもあります。
    限定のお酒、日本酒好きにはたまりません。

    新潟のおいしい日本酒☆笹屋茂左衛門

    蔵元:白龍酒造株式会社
    住所:〒959-2025 新潟県阿賀野市岡山町3-7
    電話:0250-62-2222

    ☆国際的な品評機関で世界 各地にある優れた市販商品の評価を目的とする”モンドセレクション”で「最高金賞」を10年連続して受賞している、いわば世界に認められた日本酒です。
    酒米の最高品種「山田錦」の芯だけを贅沢に使い、低温でじっくり醸した日本酒です。
    香り高い最上級の味わいをお楽しみください

    新潟のおいしい日本酒☆〆張鶴 純

    蔵元:宮尾酒造株式会社
    住所:〒958-0873 新潟県村上市上片町5-15
    電話:0254-52-5181

    ☆飲みやすくフルーティーでありながら、後味に深い旨味が残る日本酒ファンの絶大な人気を誇る日本酒です。
    何杯飲んでも飽きの来ない、それどころかもっと飲みたくなる純米吟醸酒です。
    キンキンに冷やして飲むのがおすすめ。とにかくおいしい!これなしで日本酒は語れません。

    新潟の日本酒を堪能しよう☆新潟酒の陣

    年に一度、3月に開催される、新潟の約90もの蔵元が大集合し、地酒500種類のすべてを試飲できる日本酒好きにはたまらないイベントです。
    2004年に第一回目が開催され、以来毎年来場者数を伸ばし、2015年には12万人の日本酒愛好家が新潟の日本酒を楽しみました。
    多彩な料理もあり、地元新潟の食と地酒が楽しめます。
    まだ飲んだことのないお酒を試飲したり、飲みなれた日本酒と比べたり、気に入ったお酒は販売も行っています。
    米どころ新潟の日本酒の魅力が満載、ぜひ足を運んでみてください。

    新潟市地酒を楽しめる居酒屋☆ぽんしゅ館 魚沼釜蔵

    名称:ぽんしゅ館 魚沼釜蔵
    住所:新潟県新潟市中央区花園1-96-47 CoCoLo西館1F
    アクセス:新潟駅に直結、徒歩1分
    営業時間:月~日、祝日、祝前日:7:00~10:00 11:00~23:00
    定休日:なし
    電話番号:050-5572-3961

    新潟の全蔵元(93蔵)の日本酒を常時用意している、新潟の地酒の魅力が味わえる居酒屋です。
    新潟駅に直結しており、アクセスも便利、新潟駅で新潟の日本酒の魅力を思う存分堪能することができます。
    日本酒好きの方にはおすすめのお店です。

    新潟の日本酒の魅力を生で体験してください。

    新潟の日本酒の事について、ご紹介しました。
    新潟の日本酒がいかに魅力的かは分かってもらえたと思います。
    が、実際に味わってみなければそのおいしさは分かりません。
    多くの酒蔵が集まる新潟の日本酒を実際に堪能して、好みの日本酒を見つけてみませんか?

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ